長浜北エリアってこんなところ!

おすすめイベント紹介

長浜北エリアは、四季折々の豊かな自然、悠久の歴史や文化を今に伝える名所旧跡を数多く残し、どこか懐かしさの漂う、二度三度と訪れたくなる“心のふるさと”のような情景が広がります。

余呉湖〔余呉〕

長浜市余呉町の南端に位置し、東、南、西の三方を山が囲みます。南方にそびえる賤ヶ岳により、琵琶湖とは隔てられています。東西1.2㎞、南北2.3㎞、周囲約6.4㎞、面積1.97㎢。平均水深7.4M。海抜132.8Mで、琵琶湖より約50M高い標高です。湖面がおだやかで鏡のようであることから、鏡湖とも呼ばれてきました。また、羽衣伝説や菊姫伝説を生んだ神秘の湖でもあります。

菅山寺〔余呉〕

大箕山中腹にある菅原道真ゆかりの寺。坂口の登山口から、近江天満宮の大鳥居、菅公お手植えのケヤキ山門を経て、寺へと続く約2㎞のハイキングコースが開けています。また、ウッディパル余呉から林道を利用して行くこともできます。一帯は原生のブナ、ミズナラが生い茂る自然園となっています。

丸子船の館〔西浅井〕

現存する数少ない琵琶湖独自の帆船『丸子船』の実物や往時の湊の模型、パネルなどが展示されています。2階の廊下を渡れば明治時代の豪商の民家が資料館として、生活民具を展示しています。数十年前まで営まれていた当地の生活をここで偲ぶことができます。

奥琵琶湖パークウェイ〔西浅井〕

日本のさくら名所百選にも選ばれた海津大崎の桜並木から4000本の桜並木がつづく奥琵琶湖パークウェイまで竹生島を眺めながら湖岸を歩くことができます。毎年4月中旬には桜が美しく咲き乱れ、湖面を彩ります。

木之本地蔵院/北国街道木之本宿〔木之本〕

目の仏様として知られる時宗の寺。境内に立つ高さ6Mの地蔵像「木之本のお地蔵さん」が全国から訪れる参拝客を出迎えてくれます。夏には盛大に地蔵縁日が行われます。北国街道木之本宿は、北国街道と北国脇往還が交わる宿場町で、地蔵院の門前町として旅人と木之本地蔵院への参拝客で賑わいました。江戸初期に本陣と脇本陣がおかれ、奉行一行はそこで宿をとっていました。

賤ヶ岳古戦場〔木之本〕

織田信長の後継を争って柴田勝家と羽柴秀吉が激戦を繰り広げ、秀吉が天下をとった戦い「賤ヶ岳の合戦」の舞台。山岳戦を得意とする勝家軍と平地戦に優れた秀吉軍は、それぞれ賤ヶ岳周辺に点々と陣地や砦を設け、長期戦となりました。一帯には今もその遺構が多く残っています。

渡岸寺観音堂(向源寺)〔高月〕

渡岸寺観音堂(向源寺)に安置される十一面観音は、日本彫刻史上の最高傑作ともいわれ、肉付き豊かで官能的なプロポーション、大きくつくられた頭上面とその配置、「じとう」と呼ばれるイヤリングなど数々の特徴をそなえています。いずれにしても祈りの仏にふさわしい慈愛に満ちたお姿の観音さまです。

雨森集落と雨森芳洲庵〔高月〕

雨森芳洲は江戸時代中期の儒学者で、22歳で対馬藩に仕え、みずからハングル・中国語を学び、日本と朝鮮の善隣外交に尽力しました。また、雨森では生家跡に建設された東アジア交流ハウス雨森芳洲庵の建物と調和する、美しい村づくり活動を進めており、「雨森の家並み」として湖国百景にも選ばれています。